ジョン・ロブと並ぶ有名イギリスブランド【エドワード・グリーン】の魅力

こんにちは!

今まで色々な革靴を自分自身も知りたくて色々書いてきました!

参考になり、素敵な革靴はゲットできましたでしょうか?

今回はイギリス革靴の中でもおすすめな「エドワード・グリーン」を

ご紹介します♪

 

少量生産を誇りに・・・エドワード・グリーンの革靴に対する本気

イギリスで有名なエドワード・グリーンの魅力ですが、

まずはバラエティ豊富な種類の靴が販売されており

様々なTPOに合わせて利用することが出来るのがとても魅力的です。

イギリスのエドワード・グリーンは革靴のブランドにはなりますが、

普通の革靴とは違い、様々な魅力があるイギリスブランドになります。

イギリスでは老舗ブランドにもなりますし、

生産自体は機械生産をしていますが大量生産をするのではなく、

良い商品を作るために少量生産をしており品質に拘りをもっています。

品質が高いため、イギリスブランドとしては魅力的に感じ方が多く、

本場のイギリスだけではなく、日本でも人気です。

 

日本人のビジネスマンにも愛用されているエドワード・グリーンは履き心地も最高級

エドワード・グリーンの革靴に魅力を感じる日本人も多く、

ビジネスマンの方にも愛用されています。

エドワード・グリーンは使い勝手の良さもありますし、

長時間歩いていても他の革靴の様に足が痛くなることもありません。

機能性にも優れている所がエドワード・グリーンの魅力とも言えます。

他にもイギリスブランドのエドワード・グリーンの魅力としては、

日本でも簡単に購入する事が出来る所です。

 

エドワード・グリーンは日本でも購入できます!是非ホームページをのぞいてみて

本場のイギリスまで行かなくても日本では取扱いをしている店舗も多いため、

購入する事に困ることがありません。

インターネットでもエドワード・グリーンのホームページは用意されており、

商品のラインナップを確認することもできるのでおすすめです。

更に魅力的な点は、エドワード・グリーンの革靴はアンティーク加工が施されている所になります。

 

アンティーク加工のされた革靴は、他ブランドにはない独特な魅力がたくさん

普通の革靴の場合には何年も履き続けないと深い色合いを出すことが出来ませんが、

アンティーク加工をしているので、

新品の物でも深い色合いを出すことが可能です。

その為、他の革靴では出すことの出来ない色を簡単に出すことが出来ます。

この点についても人気が高い理由でもあり、

本場でも日本でも多くの方が愛用されている状態です。

日本でも正規の代理店があるので、安心して購入することが出来ます。

 

いかがでしたか?

大量生産をせずに、品質に誇りをもっているからこそ

エドワード・グリーンは愛されている事がわかりますね!

革靴のお手入れ方法ご紹介♪

今日は、革靴のお手入れ方法をご紹介していきます。

革靴は大切に使えば長持ちをする素材です。
ただ、雨の多い日が続いたり、ほこりなどの汚れをそのままにしていたりするとカビやシミの原因となります。

革は材質としては丈夫にできていますが、繊細でデリケートなものです。牛革や馬革など動物の皮から作れています。

 

 

そのため、人にもスキンケアが必要なように良い環境を保つためには適切なケアが必要なのです。
大切な革靴を長く使うためにも、ここでは簡単なお手入れ方法についてご紹介します。

革靴のお手入れの基本は汚れを落とすこと、そして栄養を与えることです。

まずはブラシで全体の汚れを落としていきます。

むやみにブラッシングするのではなく、縫い目やシワなど細かいところの誇りや泥などを払うように入念に行います。

最初からクリーナーを塗ると、キズがついてしまうからです。

 

 

目立つ汚れを落としたら、布にクリーナーを塗って少しずつ全体に伸ばしていきます。

直接塗ったり、大量につけたりするとシミの原因となりますので必ず薄く使用することが大事です。

汚れを拭き取る際は、できるだけ綺麗な部分で拭き取っていくのがコツです。

汚れが綺麗に落ちたら、次は専用のクリームを塗っていきます。

人でも保湿が重要なように、革靴にとっても乾燥は大敵です。

クリーナーと同様に薄く伸ばしながらムラに注意して塗っていきます。

 

 

革に潤いを与えることで、ひび割れを防止し、見た目にも美しいツヤが出るのです。

塗り残しがないように、靴紐を外してから行いましょう。

さらに光沢を出したい場合には、専用の光沢剤で磨き上げて行く方法もあります。

ただ、表面の保護性や防水性を向上できる反面、革は呼吸すると表現されることがあるように通気性の低下が懸念されます。見た目だけでなく、長く愛用できるように、つま先やかかとなどのポイントに絞るのが良いでしょう。

最後に仕上げ磨きをした後に、撥水スプレーをかけることで汚れの付着や雨にも耐性ができます。

 

 

お手入れが済んだ後の革靴は木製のシューツリーなどで休ませることも大切です。

 

 

 

いかがでしたか。ぜひあなたの大切な革靴のお手入れに役立ててください。

Berwick(バーウィック)について

こんにちは!

今日は、バーウィックについてご紹介します。

 

Berwick(バーウィック)は1707年にスペインで設立

された革靴のブランドで、設立当初はモカシン靴など

カジュアルな革靴を生産していましたが、1990年代

半ばから本格的なドレスシューズを取り扱うブランドとして

再スタートしました。

 

Berwickの靴の特徴はグッドイヤーウェルテッドという製法です。

グッドイヤーウェルテッド製法の革靴は丈夫であるという

メリットもありますが、その構造上から何度でも靴底を

張り替えることができるため、アッパーさえ手入れをすれば一生

履き続けることができる靴でもあります。

また、他のブランドのグッドイヤーウェルテッドの靴の値段を

見てみると5万円以上するところがほとんどですが、Berwickの

革靴は2万円台からと手頃な値段から取り扱っていて、ソールも

レザーソールだけでなく、耐久性や耐水性に優れたダイナイト

ソールを搭載するなど機能面からも、若いビジネスマンが普段の

仕事用に履く靴にも適した本格革靴と言えます。

 

 

また、デザインを見てみると、定番の内羽根ストレートチップ

からメダリオンと呼ばれる穴飾りを多くあしらったタイプや、

タッセルローファー、ダブルモンクシューズなど幅広い革靴を

取り扱っています。

 

 

スペイン製の革靴はどこかしら英国調の紳士らしさが感じられる

とともに、少し丸みを帯びたフランス靴の可愛らしさや、

イタリア靴に見られる色付けの美しさなど、各国の良さを取り入れた

ような良さが感じられますが、Berwickも他のスペイン製の革靴

同様にこのような特徴を持っています。

中でもシンプルなストレートチップの「3010」モデルはビジネスシーン

以外にも冠婚葬祭など場所を選ばない汎用性があり、シンプルゆえに

Berwickというブランドの特徴を理解するに最適な一足です。

 

 

色は黒の他に茶色もありますが、落ち着いたダークブラウンなので、

黒同様に汎用性が高いと言えます。また、値段も3万円弱なので、

最初の本格革靴としても適しています。

 

いかがでしたか。ぜひ参考にしてみてください!

クロケットジョーンズ(Crockett&Jones)の魅力

こんにちは。

今日ご紹介するのは、イギリスの紳士靴ブランド

『クロケットジョーンズ(Crockett&Jones)』です。

 

衰えない人気を獲得し続けているのがクロケットジョーンズ

海外ブランド革靴の中でも衰えない人気を

獲得し続けているのがクロケットジョーンズという

メンズ靴ですが、見た目も然ることながら

完成に至るまでのプロセスも男心をくすぐる逸話があります。

 

 

それは長年メンズ靴に向き合い続け全てを

知り尽くした熟練の職人が、

たった一足の製品を完成させるために

およそ8週間もの月日をかけるというものです。

妥協をせずに外見と内面にとことん拘り抜いて

いるため見た目に美しさがある事は当然のこと

ながら、足を入れた時の瞬間から大量製造されている

メンズ靴とは違う感覚があります。

 

履き込む程に増していく重厚感!

使い捨てを前提としている品の場合、着用する

機会が増える程だらしない見た目や不潔感が

強まっていきますが、クロケットジョーンズは

履き込む程重厚感が増していき自身の足にも

馴染んでいくので、

まるでスニーカーを着用しているような快適さ

得られます。

 

日本のユーザーに合わせられるラストを持っているのは、

クロケットジョーンズ

持つ喜びを与えてくれるためメンズ靴に対して

相棒という感情さえも抱くようになる程愛着心が

湧くのですが、クロケットジョーンズが

海外ブランド革靴であるのに日本の人々に

好かれ続けているのはブランドが保有している

クロケットジョーンズ ラストが関与しています。

 

 

ラストは木型もしくは靴型と呼ばれており

革製のメンズ靴のシルエットを作り出す根本であるので、

見た目と履き心地がクロケットジョーンズ ラストに

全てが委ねられていると言っても過言ではないです。

 

実は海外ブランド革靴は大変数が豊富ですが、

日本のユーザーに合わせられるラストを持っている

ブランドはほぼ見られません。

理由は欧米人などに比較した時極めてつま先の幅が

広い様子が関与していて、海外ブランド革靴を買う

場合著しく縦の長さが大きい海外ビジネスシューズに

しなければ履けません。

言わずもがな縦方向が長くなってしまえば横幅に

ゆとりが得られたとしてもすっぽ抜けてしまい

使用するのは現実的ではありません。

しかしクロケットジョーンズ ラストの中には

西欧としては珍しい幅広な形状があるので、

クロケットジョーンズは海外ブランド革靴として

末永く愛されています。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

日本のユーザーに愛される

クロケットジョーンズの革靴。

ぜひあなたも試してみませんか♪

 

チーニー(Cheaney)の魅力

こんにちは!

今日はイギリスの紳士靴ブランド『チーニー(Cheaney)』のご紹介です!

 

?チーニー(Cheaney)とは?

チーニーはジョセフ・チーニーが1886年に創業した

イギリスの老舗靴ブランドです♪

言わずと知れた、靴の生産地『ノーザンプトン』で誕生しました。

 

?購入時の不安

海外ブランドの革靴に挑戦したい!

というビジネスマンの皆さんにとって

一番心配なのは、その革靴のサイズや形がきちんと

自分の足にフィットするか。。。

だと思います。

海外ブランドの靴というと、一般的な国産の革靴のように

近所の靴屋さんで買えるようなものではないので

購入しに行くだけでも一苦労ですし

近くに取扱店がない場合は、通販で購入することになるかと思います。

そうなるとますます不安ですよね?

 

?チーニーの魅力

そんな不安をお持ちの方は、チーニーの『125ラスト』の靴を

検討してみてはいかがでしょうか?

『125ラスト』といっても、なんのことかわからない方も

いらっしゃると思います。

ラストというのは靴のそこの形です。

125ラストというのは、チーニーの創業125周年を記念して作られた

特別な型で、現代人の足の形に合わせて作られている

と言います。

また、125ラスト以外にも、約60種類の形があるため

かりに125ラストが合わなくても

たくさんあるラストの中から自分の足にぴったりの

ラストを見つけることができるのです!!

 

?購入するには?

ラストの種類がたくさんあるからといって

それを全部日本の店舗で取り扱っているとは

到底思えませんよね。。。

チーニーの中でも、日本で取り扱っていないような

ラストに挑戦したい!

という方には、通販店舗での購入がおすすめです✨

通販店舗というと、実際に試着できませんし

実物を見ることができないので

不安は大きいかもしれませんが

問い合わせにきちんと対応してくれたり

サイズなどの提案をしてくれる

言ってしまえば『実店舗よりも詳しい情報が得られる』

通販店舗もあります!!

→チーニー | CHEANEY の通販店舗 【チーニーコレクション】

お近くに店舗がない方や、欲しいモデルが見つからない!

という方はぜひ通販も検討してみてください♪

 

アレン エドモンズ(Allen Edmonds)の魅力

こんにちは!

今日ご紹介するのは、アメリカの紳士靴ブランド『アレン エドモンズ』です。

 

 

?アレン エドモンズとは

アレン エドモンズはアメリカの海外ブランド好きな男性の間では

言わずと知れた老舗メーカーです。

1922年に創立されて、機械製の大量生産が主流になっている今日でも

ウィスコンシン州の自社工場で昔ながらの伝統的な製法を維持して

製品作りに取り組んでいる堅実さが魅力です。

アメリカの紳士靴ブランドの中でもグッドイヤーウェルト製法

靴を作っている数少ない貴重なメーカーとして知られています。

 

?特徴・品質は?

アレン エドモンズの革靴は馬革を使った製品が主流で

耐久性の良さや履き心地の良さ

靴底の反応が優れていて足が疲れないことなどが人気の理由です。

アメリカ大統領やハリウッド俳優

大企業の役員や実業家など多くのセレブが愛用していて

このメーカー無しではアメリカの革靴ブランドについて語れないくらい

貴重なビジネスシューズブランドです。

履きならしをしなくてもすぐに足に馴染んでフィットする靴と言われていて

主力モデルである「パークアベニュー」は全世界で人気があります。

専門の職人がハンドメイドで作業を行い

イタリアやフランスなどヨーロッパの海外ブランドとは一味違う

アメリカらしい男らしさが感じられます。

 

?ローファーやドレスシューズも

2色使いでデザイン性にこだわったモデルなどもあり

ビジネスシーンだけではもったいないくらいです。

実際にアレン エドモンズのビジネスシューズは堅いスーツだけでなく

ジーンズスタイルやチノパン、ショートパンツなどにも良く合うので

プライベートやスポーツなどのシーンでもおしゃれに着こなすことができます。

 

?まとめ

靴を製作する職人だけでなく

販売スタッフやマーケティングスタッフもブランドに対する

愛情や知識が豊富なのがアレン エドモンズの特徴です。

アメリカが誇る一流ブランドで

世界中に認められている品質の高さと伝統を忠実に守り続ける姿勢は

高く評価されていて

スタイリストやメンズファッション関連業界の関係者も積極的に使っています。

 

サルヴァトーレ フェラガモの魅力

こんにちは!

今日ご紹介するのは、イタリアの有名ブランド

 

『サルヴァトーレ フェラガモ』です♪

 

?サルヴァトーレ フェラガモの創設秘話

サルヴァトーレ フェラガモは

1927年に同名のデザイナーによりイタリアのフィレンツェで開業されました。

 

今やフェラガモというとバッグ、靴、ドレスといった

トータルファッションを扱う高級海外ブランド

といったイメージが強い人が多いと思いますが

設立はシューズブランドとしてでした。

というのは、サルヴァトーレ フェラガモはファッションデザイナーではなく

靴職人だったのです。

イタリア生まれですが、15歳でアメリカへわたり靴の製作に携わる傍ら

南カリフォルニア大学で解剖学を学び

人体構造学的に体に負担のかからない

履きやすい靴を作る手法を身につけていました。

解剖学を学んで靴づくりに生かすなんて、すごい熱量ですね✨

 

?特徴・品質

フェラガモの靴というと、ブランドアイコンである

「ヴァラ・リボン」がポイントとなったレディースパンプスが有名ですが

ビジネスシューズブランドとしても世界中で高い人気を得ています。

前述のとおり、フェラガモによる履きやすい構造設計で

なおかつ上質な原材料だけを贅沢に使用した革靴は使いやすいだけでなく

長く使用できると評判を呼び

多くのハリウッドスターや世界中の王侯貴族たちに

今も愛されている紳士靴ブランドでもあるのです。

 

レディース靴、紳士靴、どちらも履きやすさを追求していながら

そのデザインにも妥協はありません。

足の自然な曲線に沿い

しなやかに流れるようなバランスのとれたラインを実現し

機能性とデザイン性が見事に調和しているのが

フェラガモの靴の大きな魅力です。

 

あまり知られていませんが、サルヴァトーレ フェラガモは

生涯で2万モデルものデザインの靴を製作し、350もの特許を取得しています。

今ではおなじみのウェッジヒールやフラットフォーム・ソールなども

フェラガモの発明によるものなのです?

 

?まとめ

フェラガモは国内では路面店以外にも

百貨店内のショップやブランドショップなどで

実際の商品を見ることができます。

ファッションブログなどにも多数取り上げられているので

興味のある人はチェックしてみてください✨

チャーチ(CHURCH’S)の魅力

こんにちは!

今日ご紹介するのは、イギリスのブランド『チャーチ(CHURCH’S)』です✨

?チャーチ(CHURCH’S)ってどんなブランド?

海外ブランドの紳士靴の中でも伝統ある老舗として有名なのが

チャーチ(CHURCH’S)です。

イギリスで1873年に創立した家族経営の会社で

英国王室御用達の称号は得ていませんが

その品質の高さは世界中で認められていて

イギリス国内やヨーロッパ各地

アメリカやアジアまで幅広い層の男性に支持されています。

創業当時はコストパフォーマンスに優れた革靴を作っていることで

人気が高まり、上質なハンドメイドのビジネスシューズが

広まるきっかけにもなった紳士靴ブランドです。

1900年代の初頭にはニューヨークに出店するなど海外進出にも力を入れて

ブランドのよさをアピールする積極的な姿勢を見せていました。

 

?現在のチャーチ

今日のチャーチ(CHURCH’S)はプラダグループの傘下に入っていますが

一流のビジネスシューズブランドとしての名声は失われず

昔のモデルはプレミア価値が付くほどファンの間で人気があります。

ジェームズ・ボンドの映画衣装で使われたり

欧米のセレブや実業家も愛用していて

伝統的なモデルのほかにスタイリッシュなデザインの革靴も増えているので

ビジネス・プライベートを問わず

ファッションに取り入れることができるのが魅力です。

独特のガラス加工を施したアッパーがトレードマークになっている定番モデルは

昔も今も変わらぬ人気で、創業時と同じ名前で販売されています。

新作はショートブーツやサンダルなど

革の素材を最大限に活かしたデザイン性の高い物が多く

スーツにも、ジーンズやショートパンツなど

カジュアルスタイルにも合わせることができます。

実はレディースのショートブーツなんかもあるのです♪

 

 

?特徴・品質

工場化が進む今日でもイギリスの工房で

全ての工程を手作業で行っているのも魅力で

質実剛健な仕上がりと時代に流されないデザインのビジネスシューズは

男性なら一足は持っておきたい憧れのアイテムです。

長時間歩いても足が疲れず

使い続けるごとに馴染んで履きやすくなるのも特徴です。

靴磨き用のクリームやブラシなどお手入れ製品も

同じブランドで販売されています。

 

?まとめ

いかがでしたでしょうか?

チャーチはアジアでもかなり有名なので

持っている方も多いかもしれません!

ですので、これから海外ブランド靴にチャレンジする、という方は

まずはチャーチから考えて見るのも良いかもしれませんね?

アルフレッド・サージェント(Alfred Sargent)の魅力

こんにちは!

今回はイギリスのブランド『アルフレッド・サージェント』です✨

?アルフレッド・サージェントってどんなブランド?

 

アルフレッド・サージェントは

1899年にイギリスのノーザンプトンで創業し

100年以上の歴史がある老舗ブランドです。

アルフレッド・サージェントの魅力は、質実剛健な作り。

 

手間のかかるグッドイヤーウェルト製法を採用し

正統派で本格的な革靴を購入できる紳士靴ブランドです。

海外ブランドの革靴ですが、国内ではそれほど高額ではないのも魅力✨

創業当初からコスト削減を行っている紳士靴ブランドなので

本格革靴でありながら比較的安い値段で購入できるのです?

店頭で手に取りやすいビジネスシューズブランドであることも

アルフレッド・サージェントの魅力と言えるでしょう。

 

 

?特徴・品質

コスト削減し比較的安価な革靴だと、作りが脆いと思うかもしれません。

しかし、アルフレッド・サージェントは

超一流の海外ブランドのOEMをしており

同業の紳士靴ブランドからも高く評価されています。

ですから、アルフレッド・サージェントの革靴は信頼性が高く

長く愛される魅力にもなっています。

機能面の具体的な特徴は、かかとの部分が薄くなっているところです。

かかとの部分を薄くすることにより、柔らかな履き心地を実現しているのです!

そのため、革靴にありがちな長時間履いていると疲れることは

アルフレッド・サージェントではあまり感じません。

一日中革靴を履くことになるビジネスマンには魅力的な機能性ですよね✨

 

?まとめ

信頼性が高く履きやすく

さらに価格も比較的安いアルフレッド・サージェントは

入門用にピッタリの紳士靴ブランドです♪

初めて海外ブランドの革靴を買うなら

是非とも選びたいビジネスシューズブランドと言えるでしょう。

一度履いてしまうとその履き心地の虜になり

一生付き合い続けることになるかもしれません。

それほどまでに多くの男性を虜にさせるのも

アルフレッド・サージェントの魅力です。

世界中の男性を虜にしてきた紳士靴ブランドだからこそ

伝統は今でも受け継がれているのですね!