チャーチ(CHURCH’S)の魅力

こんにちは!

今日ご紹介するのは、イギリスのブランド『チャーチ(CHURCH’S)』です✨

?チャーチ(CHURCH’S)ってどんなブランド?

海外ブランドの紳士靴の中でも伝統ある老舗として有名なのが

チャーチ(CHURCH’S)です。

イギリスで1873年に創立した家族経営の会社で

英国王室御用達の称号は得ていませんが

その品質の高さは世界中で認められていて

イギリス国内やヨーロッパ各地

アメリカやアジアまで幅広い層の男性に支持されています。

創業当時はコストパフォーマンスに優れた革靴を作っていることで

人気が高まり、上質なハンドメイドのビジネスシューズが

広まるきっかけにもなった紳士靴ブランドです。

1900年代の初頭にはニューヨークに出店するなど海外進出にも力を入れて

ブランドのよさをアピールする積極的な姿勢を見せていました。

 

?現在のチャーチ

今日のチャーチ(CHURCH’S)はプラダグループの傘下に入っていますが

一流のビジネスシューズブランドとしての名声は失われず

昔のモデルはプレミア価値が付くほどファンの間で人気があります。

ジェームズ・ボンドの映画衣装で使われたり

欧米のセレブや実業家も愛用していて

伝統的なモデルのほかにスタイリッシュなデザインの革靴も増えているので

ビジネス・プライベートを問わず

ファッションに取り入れることができるのが魅力です。

独特のガラス加工を施したアッパーがトレードマークになっている定番モデルは

昔も今も変わらぬ人気で、創業時と同じ名前で販売されています。

新作はショートブーツやサンダルなど

革の素材を最大限に活かしたデザイン性の高い物が多く

スーツにも、ジーンズやショートパンツなど

カジュアルスタイルにも合わせることができます。

実はレディースのショートブーツなんかもあるのです♪

 

 

?特徴・品質

工場化が進む今日でもイギリスの工房で

全ての工程を手作業で行っているのも魅力で

質実剛健な仕上がりと時代に流されないデザインのビジネスシューズは

男性なら一足は持っておきたい憧れのアイテムです。

長時間歩いても足が疲れず

使い続けるごとに馴染んで履きやすくなるのも特徴です。

靴磨き用のクリームやブラシなどお手入れ製品も

同じブランドで販売されています。

 

?まとめ

いかがでしたでしょうか?

チャーチはアジアでもかなり有名なので

持っている方も多いかもしれません!

ですので、これから海外ブランド靴にチャレンジする、という方は

まずはチャーチから考えて見るのも良いかもしれませんね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です