クロケットジョーンズ(Crockett&Jones)の魅力

こんにちは。

今日ご紹介するのは、イギリスの紳士靴ブランド

『クロケットジョーンズ(Crockett&Jones)』です。

 

衰えない人気を獲得し続けているのがクロケットジョーンズ

海外ブランド革靴の中でも衰えない人気を

獲得し続けているのがクロケットジョーンズという

メンズ靴ですが、見た目も然ることながら

完成に至るまでのプロセスも男心をくすぐる逸話があります。

 

 

それは長年メンズ靴に向き合い続け全てを

知り尽くした熟練の職人が、

たった一足の製品を完成させるために

およそ8週間もの月日をかけるというものです。

妥協をせずに外見と内面にとことん拘り抜いて

いるため見た目に美しさがある事は当然のこと

ながら、足を入れた時の瞬間から大量製造されている

メンズ靴とは違う感覚があります。

 

履き込む程に増していく重厚感!

使い捨てを前提としている品の場合、着用する

機会が増える程だらしない見た目や不潔感が

強まっていきますが、クロケットジョーンズは

履き込む程重厚感が増していき自身の足にも

馴染んでいくので、

まるでスニーカーを着用しているような快適さ

得られます。

 

日本のユーザーに合わせられるラストを持っているのは、

クロケットジョーンズ

持つ喜びを与えてくれるためメンズ靴に対して

相棒という感情さえも抱くようになる程愛着心が

湧くのですが、クロケットジョーンズが

海外ブランド革靴であるのに日本の人々に

好かれ続けているのはブランドが保有している

クロケットジョーンズ ラストが関与しています。

 

 

ラストは木型もしくは靴型と呼ばれており

革製のメンズ靴のシルエットを作り出す根本であるので、

見た目と履き心地がクロケットジョーンズ ラストに

全てが委ねられていると言っても過言ではないです。

 

実は海外ブランド革靴は大変数が豊富ですが、

日本のユーザーに合わせられるラストを持っている

ブランドはほぼ見られません。

理由は欧米人などに比較した時極めてつま先の幅が

広い様子が関与していて、海外ブランド革靴を買う

場合著しく縦の長さが大きい海外ビジネスシューズに

しなければ履けません。

言わずもがな縦方向が長くなってしまえば横幅に

ゆとりが得られたとしてもすっぽ抜けてしまい

使用するのは現実的ではありません。

しかしクロケットジョーンズ ラストの中には

西欧としては珍しい幅広な形状があるので、

クロケットジョーンズは海外ブランド革靴として

末永く愛されています。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

日本のユーザーに愛される

クロケットジョーンズの革靴。

ぜひあなたも試してみませんか♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です