Berwick(バーウィック)について

こんにちは!

今日は、バーウィックについてご紹介します。

 

Berwick(バーウィック)は1707年にスペインで設立

された革靴のブランドで、設立当初はモカシン靴など

カジュアルな革靴を生産していましたが、1990年代

半ばから本格的なドレスシューズを取り扱うブランドとして

再スタートしました。

 

Berwickの靴の特徴はグッドイヤーウェルテッドという製法です。

グッドイヤーウェルテッド製法の革靴は丈夫であるという

メリットもありますが、その構造上から何度でも靴底を

張り替えることができるため、アッパーさえ手入れをすれば一生

履き続けることができる靴でもあります。

また、他のブランドのグッドイヤーウェルテッドの靴の値段を

見てみると5万円以上するところがほとんどですが、Berwickの

革靴は2万円台からと手頃な値段から取り扱っていて、ソールも

レザーソールだけでなく、耐久性や耐水性に優れたダイナイト

ソールを搭載するなど機能面からも、若いビジネスマンが普段の

仕事用に履く靴にも適した本格革靴と言えます。

 

 

また、デザインを見てみると、定番の内羽根ストレートチップ

からメダリオンと呼ばれる穴飾りを多くあしらったタイプや、

タッセルローファー、ダブルモンクシューズなど幅広い革靴を

取り扱っています。

 

 

スペイン製の革靴はどこかしら英国調の紳士らしさが感じられる

とともに、少し丸みを帯びたフランス靴の可愛らしさや、

イタリア靴に見られる色付けの美しさなど、各国の良さを取り入れた

ような良さが感じられますが、Berwickも他のスペイン製の革靴

同様にこのような特徴を持っています。

中でもシンプルなストレートチップの「3010」モデルはビジネスシーン

以外にも冠婚葬祭など場所を選ばない汎用性があり、シンプルゆえに

Berwickというブランドの特徴を理解するに最適な一足です。

 

 

色は黒の他に茶色もありますが、落ち着いたダークブラウンなので、

黒同様に汎用性が高いと言えます。また、値段も3万円弱なので、

最初の本格革靴としても適しています。

 

いかがでしたか。ぜひ参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です