春のおしゃれ革靴定番「ローファー」 毎年愛用できるおすすめブランドTOP3

こんにちは!

寒さが残りますが、日中は暖かい日もありますね♪

この寒さが抜ければ一気に春が到来します。

ビジネスマンのスタイルも春仕様に変化してくる時期です。

そんな時は、足元から変化を付けてみませんか?

今回は、大人男性のスーツスタイルにも映える「ローファー」を

ご紹介していきます。

 

春が来た! オシャレを楽しむのに足元は「ローファー」が欠かせない♪

春のオシャレ革靴の定番と言えば「ローファー」です。

足元に取り入れるだけで、コーディネートにスタイリッシュでクールな印象を与え、

ファッションに上品さをプラスすることができます。

流行に左右されることなく、

変わらず愛され続ける人気のおすすめブランドTOP3をご紹介します。

 

「キング・オブ・ローファー」の愛称を持つ「G.H.BASS(ジーエイチバス)」

まず1つ目は、ローファーの元祖ブランド「G.H.BASS(ジーエイチバス)」です。

アメリカのシューズブランドで、世界で最初にローファーを生み出した老舗です。

ブランドを代表するコインローファーの名作モデルは「ローガン(LOGAN)」で、

“キング・オブ・ローファー”とも称されています。

また、上質な靴がモデルによっては1万円代から購入できるのも

このブランドの魅力の1つです。

 

色々な人のウィズを図る事ができる「JWウエストン」のローファーが素晴らしい! 

2つ目は「JWウエストン」です。

フランスの名門シューズブランドで、

1足の靴が完成するのに要する期間は約3ヶ月と、

素材・作り・履き心地にとことんこだわって作られています。

このブランドのローファーの大きな特徴は、

靴の幅(ウィズ)が豊富なことです。

既製靴ブランドでは、靴の幅は自由に選択できないことも多いですが、

このブランドはハーフサイズごとに存在します。

そのため、なかなか既製のサイズで履き心地の合う靴が見つからなかった人は、

試してみる価値があります。

このように様々なニーズに応えるサイズ展開が、

履き心地が良いと愛されている理由の1つでもあります。

フランス生まれのブランドらしくエレガントな見た目のものが多いです。

 

世界で一番多くのラスト(木型)を持つ、「クロケット・ジョーンズ」の安定あるローファー♪

3つ目は「クロケット&ジョーンズ」です。

英国高級靴の聖地といわれるノーザンプトン生まれのブランドで、

世界中で最も多くの木型の種類を持つシューズメーカーとして知られています。

木型は履き心地に大きな影響を与えるので、

その種類が多いということは、自分に合う1足に出会えるということです。

そのため世界中に愛用者が多く存在し、日本人の足にも馴染むと定評があります。

最高級の素材と熟練の職人技術によって作られている靴は、

どれも上品で高級感があります。

 

いかがでしたか?

春の足元にぴったりな「ローファー」を

今年はもっとスタイリッシュに取り入れてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です