初心者必見!初心者でも履きやすい革靴 おすすめ5選

こんにちは。

最近は若い子でも良い革靴を履いている事が多く、

とても嬉しく感じます♪

きちんとしたブランド物を履くことで

夏の軽装でもスタイリッシュなコーディネートに仕上がっています!

ですが革靴初心者にとっては、何が良いブランドで特徴があるのか

わかりませんよね?

そんな今回は夏にもピッタリなおすすめ革靴ブランドをご紹介します。

 

革靴が欲しいけど、どんなブランドがおすすめ?初心者の方でも安心して履ける革靴をご紹介♪

革靴に履きなれていない初心者でも履きやすいおすすめのものは、

海外ブランドのドクターマーチンです。

独特のデザインが特徴の革靴で、一目見ただけでもドクターマーチンのブランドだとわかります。

「1460」と呼ばれるモデルの人気が高く有名ですが、

初心者でも履きやすいおすすめの革靴は「1461ギブソンシューズ」と言う革靴です。

黄色の糸はドクターマーチンの象徴にもなっているカラーで、

クッション部分にはエアーを採用しているので履きやすく疲れにくいのが特徴になります。

 

若い子にも人気急上昇! アメリカ生まれのオールデン

同じ海外ブランドとなるオールデンは、アメリカのブランドシューズです。

初心者におすすめできる理由は、履き心地が大変よく手放すことができないほどだと評価されていることになります。

一足ずつ丁寧に仕上げられていることもおすすめできる理由の一つで、

海外ブランドですが日本人の足の形に合う製品を選ぶことも可能です。

 

日本ブランドも負けていません!国内ブランドで選ぶなら断然リーガル

初心者におすすめできる履きやすい革靴には、

日本のブランドとなるリーガルがあります。

リーガルの男性用ビジネスシューズは、日本国内で丁寧に作られているのが大きな特徴です。

作りが丁寧でデザインもよいため、長く履くことができます。

 

紳士的な見た目がクールでハンサム・・・イギリス生まれのチャーチ

初心者におすすめできる4つ目の革靴は、イギリスにあるブランドのチャーチです。

チャーチの中でも「シャノン」がイギリス国内の評価が高いだけではなく、

世界中の人気芸能人やセレブたちが愛用していることでも有名な革靴になります。

時間をかけて作っているのも特徴の一つで、汚れにくく雨など水にも強いため初心者でも安心して履くことが可能です。

 

コスパの高さなら上級ランク♪ お求めやすさが魅力なスコッチグレイン

初心者でも履きやすい5つ目の革靴は、「スコッチグレイン」と呼ばれている製品です。

熟練した職人が作っているため、丁寧な仕上がりがおすすめできる理由になります。

日本国内でも有名な会社で、コストパフォーマンスが高いことも初心者におすすめできる点です。

求めやすい価格設定の製品ですが、使っている革の質が高く履きやすいことも評価が高い理由になります。

 

いかがでしたか?

色々ある革靴ですが、初心者にとっては

どのブランドがどういいのかわかりにくいと思います。

是非、参考にして素敵な革靴を手に入れてくださいね♪

アレン エドモンズ(Allen Edmonds)の魅力

こんにちは!

今日ご紹介するのは、アメリカの紳士靴ブランド『アレン エドモンズ』です。

 

 

?アレン エドモンズとは

アレン エドモンズはアメリカの海外ブランド好きな男性の間では

言わずと知れた老舗メーカーです。

1922年に創立されて、機械製の大量生産が主流になっている今日でも

ウィスコンシン州の自社工場で昔ながらの伝統的な製法を維持して

製品作りに取り組んでいる堅実さが魅力です。

アメリカの紳士靴ブランドの中でもグッドイヤーウェルト製法

靴を作っている数少ない貴重なメーカーとして知られています。

 

?特徴・品質は?

アレン エドモンズの革靴は馬革を使った製品が主流で

耐久性の良さや履き心地の良さ

靴底の反応が優れていて足が疲れないことなどが人気の理由です。

アメリカ大統領やハリウッド俳優

大企業の役員や実業家など多くのセレブが愛用していて

このメーカー無しではアメリカの革靴ブランドについて語れないくらい

貴重なビジネスシューズブランドです。

履きならしをしなくてもすぐに足に馴染んでフィットする靴と言われていて

主力モデルである「パークアベニュー」は全世界で人気があります。

専門の職人がハンドメイドで作業を行い

イタリアやフランスなどヨーロッパの海外ブランドとは一味違う

アメリカらしい男らしさが感じられます。

 

?ローファーやドレスシューズも

2色使いでデザイン性にこだわったモデルなどもあり

ビジネスシーンだけではもったいないくらいです。

実際にアレン エドモンズのビジネスシューズは堅いスーツだけでなく

ジーンズスタイルやチノパン、ショートパンツなどにも良く合うので

プライベートやスポーツなどのシーンでもおしゃれに着こなすことができます。

 

?まとめ

靴を製作する職人だけでなく

販売スタッフやマーケティングスタッフもブランドに対する

愛情や知識が豊富なのがアレン エドモンズの特徴です。

アメリカが誇る一流ブランドで

世界中に認められている品質の高さと伝統を忠実に守り続ける姿勢は

高く評価されていて

スタイリストやメンズファッション関連業界の関係者も積極的に使っています。

 

サルヴァトーレ フェラガモの魅力

こんにちは!

今日ご紹介するのは、イタリアの有名ブランド

 

『サルヴァトーレ フェラガモ』です♪

 

?サルヴァトーレ フェラガモの創設秘話

サルヴァトーレ フェラガモは

1927年に同名のデザイナーによりイタリアのフィレンツェで開業されました。

 

今やフェラガモというとバッグ、靴、ドレスといった

トータルファッションを扱う高級海外ブランド

といったイメージが強い人が多いと思いますが

設立はシューズブランドとしてでした。

というのは、サルヴァトーレ フェラガモはファッションデザイナーではなく

靴職人だったのです。

イタリア生まれですが、15歳でアメリカへわたり靴の製作に携わる傍ら

南カリフォルニア大学で解剖学を学び

人体構造学的に体に負担のかからない

履きやすい靴を作る手法を身につけていました。

解剖学を学んで靴づくりに生かすなんて、すごい熱量ですね✨

 

?特徴・品質

フェラガモの靴というと、ブランドアイコンである

「ヴァラ・リボン」がポイントとなったレディースパンプスが有名ですが

ビジネスシューズブランドとしても世界中で高い人気を得ています。

前述のとおり、フェラガモによる履きやすい構造設計で

なおかつ上質な原材料だけを贅沢に使用した革靴は使いやすいだけでなく

長く使用できると評判を呼び

多くのハリウッドスターや世界中の王侯貴族たちに

今も愛されている紳士靴ブランドでもあるのです。

 

レディース靴、紳士靴、どちらも履きやすさを追求していながら

そのデザインにも妥協はありません。

足の自然な曲線に沿い

しなやかに流れるようなバランスのとれたラインを実現し

機能性とデザイン性が見事に調和しているのが

フェラガモの靴の大きな魅力です。

 

あまり知られていませんが、サルヴァトーレ フェラガモは

生涯で2万モデルものデザインの靴を製作し、350もの特許を取得しています。

今ではおなじみのウェッジヒールやフラットフォーム・ソールなども

フェラガモの発明によるものなのです?

 

?まとめ

フェラガモは国内では路面店以外にも

百貨店内のショップやブランドショップなどで

実際の商品を見ることができます。

ファッションブログなどにも多数取り上げられているので

興味のある人はチェックしてみてください✨

チャーチ(CHURCH’S)の魅力

こんにちは!

今日ご紹介するのは、イギリスのブランド『チャーチ(CHURCH’S)』です✨

?チャーチ(CHURCH’S)ってどんなブランド?

海外ブランドの紳士靴の中でも伝統ある老舗として有名なのが

チャーチ(CHURCH’S)です。

イギリスで1873年に創立した家族経営の会社で

英国王室御用達の称号は得ていませんが

その品質の高さは世界中で認められていて

イギリス国内やヨーロッパ各地

アメリカやアジアまで幅広い層の男性に支持されています。

創業当時はコストパフォーマンスに優れた革靴を作っていることで

人気が高まり、上質なハンドメイドのビジネスシューズが

広まるきっかけにもなった紳士靴ブランドです。

1900年代の初頭にはニューヨークに出店するなど海外進出にも力を入れて

ブランドのよさをアピールする積極的な姿勢を見せていました。

 

?現在のチャーチ

今日のチャーチ(CHURCH’S)はプラダグループの傘下に入っていますが

一流のビジネスシューズブランドとしての名声は失われず

昔のモデルはプレミア価値が付くほどファンの間で人気があります。

ジェームズ・ボンドの映画衣装で使われたり

欧米のセレブや実業家も愛用していて

伝統的なモデルのほかにスタイリッシュなデザインの革靴も増えているので

ビジネス・プライベートを問わず

ファッションに取り入れることができるのが魅力です。

独特のガラス加工を施したアッパーがトレードマークになっている定番モデルは

昔も今も変わらぬ人気で、創業時と同じ名前で販売されています。

新作はショートブーツやサンダルなど

革の素材を最大限に活かしたデザイン性の高い物が多く

スーツにも、ジーンズやショートパンツなど

カジュアルスタイルにも合わせることができます。

実はレディースのショートブーツなんかもあるのです♪

 

 

?特徴・品質

工場化が進む今日でもイギリスの工房で

全ての工程を手作業で行っているのも魅力で

質実剛健な仕上がりと時代に流されないデザインのビジネスシューズは

男性なら一足は持っておきたい憧れのアイテムです。

長時間歩いても足が疲れず

使い続けるごとに馴染んで履きやすくなるのも特徴です。

靴磨き用のクリームやブラシなどお手入れ製品も

同じブランドで販売されています。

 

?まとめ

いかがでしたでしょうか?

チャーチはアジアでもかなり有名なので

持っている方も多いかもしれません!

ですので、これから海外ブランド靴にチャレンジする、という方は

まずはチャーチから考えて見るのも良いかもしれませんね?

アルフレッド・サージェント(Alfred Sargent)の魅力

こんにちは!

今回はイギリスのブランド『アルフレッド・サージェント』です✨

?アルフレッド・サージェントってどんなブランド?

 

アルフレッド・サージェントは

1899年にイギリスのノーザンプトンで創業し

100年以上の歴史がある老舗ブランドです。

アルフレッド・サージェントの魅力は、質実剛健な作り。

 

手間のかかるグッドイヤーウェルト製法を採用し

正統派で本格的な革靴を購入できる紳士靴ブランドです。

海外ブランドの革靴ですが、国内ではそれほど高額ではないのも魅力✨

創業当初からコスト削減を行っている紳士靴ブランドなので

本格革靴でありながら比較的安い値段で購入できるのです?

店頭で手に取りやすいビジネスシューズブランドであることも

アルフレッド・サージェントの魅力と言えるでしょう。

 

 

?特徴・品質

コスト削減し比較的安価な革靴だと、作りが脆いと思うかもしれません。

しかし、アルフレッド・サージェントは

超一流の海外ブランドのOEMをしており

同業の紳士靴ブランドからも高く評価されています。

ですから、アルフレッド・サージェントの革靴は信頼性が高く

長く愛される魅力にもなっています。

機能面の具体的な特徴は、かかとの部分が薄くなっているところです。

かかとの部分を薄くすることにより、柔らかな履き心地を実現しているのです!

そのため、革靴にありがちな長時間履いていると疲れることは

アルフレッド・サージェントではあまり感じません。

一日中革靴を履くことになるビジネスマンには魅力的な機能性ですよね✨

 

?まとめ

信頼性が高く履きやすく

さらに価格も比較的安いアルフレッド・サージェントは

入門用にピッタリの紳士靴ブランドです♪

初めて海外ブランドの革靴を買うなら

是非とも選びたいビジネスシューズブランドと言えるでしょう。

一度履いてしまうとその履き心地の虜になり

一生付き合い続けることになるかもしれません。

それほどまでに多くの男性を虜にさせるのも

アルフレッド・サージェントの魅力です。

世界中の男性を虜にしてきた紳士靴ブランドだからこそ

伝統は今でも受け継がれているのですね!